医療事務の資格とは

医療事務の資格は、医療事務業務に関する、基本的な知識やスキルを身に付けていることを証明するための民間資格です。
受験資格がないため、誰でも気軽に取得を目指せるという点や、就職に繋がりやすいという点から、近年人気を集めている資格です。

医療事務と一般事務の業務を比べてみる

専門的な知識やスキルが必要な医療事務業務

医療事務は、病院やクリニックといった医療機関が主な職場です。
医療保険制度の説明やカルテの管理、医療費の計算など、専門的な知識やスキルが求められます。
未経験者が資格なしに働くには、ハードルが高い仕事だといえます。

パソコンを使った作業が多い一般事務

一般事務は、一般企業や官公庁が主な職場です。
来客応対や電話対応、書類の作成や郵便物の仕分けといった作業が主な業務内容です。
特別な資格やスキルは必要ありませんが、パソコンを使う機会が多いため、パソコンに関する資格を持っていると就職に有利だといえます。

医療事務の仕事はこんな人におすすめ

医療事務の仕事は、会計業務が主な仕事となります。
スピーディかつ正確な作業が求められるため、マイペースな人には厳しい仕事だといえるでしょう。

医療事務は会計作業以外にも、患者さんとのコミュニケーションが必須です。
患者さんのケアや医療保険制度の説明などが必要となるため、思いやりを持って接することができる人が適任だといえます。

医療事務の資格を持つことのよさとは

通話する女性

資格を持っていると就職に役立ちますか?

就職自体は可能ですが、即戦力を求められる現場では、医療事務の有資格者が積極的に採用される傾向にあります。

医療事務の資格を持つメリットは何ですか?

医療事務の資格取得を目指すと、資格を得られるという他にも、医療事務の業務に関する知識を学べるというメリットがあります。

資格取得で即戦力を目指す!医療事務資格の活用方法

スーツの女性

医療事務の資格を生かすことができる現場とはどんなものか

医療事務の資格を取得すると、大学病院や総合病院といった大きな病院で働くことができます。反対に、クリニックや診療所といった小さな職場を選ぶこともできるので、ある程度自分の希望に合わせて働けるというメリットがあります。

医療事務の資格を有していると、病院の他にも、歯科クリニックや調剤薬局でも働くことができます。
職場の雰囲気や業務内容、給与をよく比較して、自分に合った活躍の場所を探しましょう。

パソコンを操作する女性

資格を持つことでスキルアップにつなげていくようにする

医療事務の資格は、三級から一級まで存在します。
自分のスキルに合わせて、最適な資格を取得しましょう。

資格取得を目標に据えることで、自身のスキルアップが目指せます。
職場によっては、資格のレベルで昇給してくれることもあるので、取得しておいて損はありません。
就職や転職の際にも、一目で自分のスキルを示すことができるので、長く医療事務の仕事に就きたいという人は、資格取得を目指しましょう。